専門演習発表会で優秀賞!

執筆担当:工藤 龍意(高橋ゼミ・水災害研究室)

水災害研究室 学部4回生の工藤です。

11/22に3回生による専門演習発表会がありました。社会安全学部では3回生よりゼミに配属され、配属先の教授の指導のもと研究を進めていくことになります。そのゼミでの活動にかかる単位を3回生では専門演習と呼び、発表会はそれぞれのゼミごとに8ヶ月間の研究成果の発表を行う場でした。

続きを読む 専門演習発表会で優秀賞!

専門演習発表会で優秀賞!

クライシス・コミュニケーションとは何か?  JAL広報責任者を務めた溝之上さんに聴く

執筆担当:植田 雄貴(亀井ゼミ)

リスクは事前に予防する。しかしいったん事故が発生するとクライシスとなる。その際、重要となるのが、記者会見などのクライシス・コニュニケーションである。企業の「広報」には①PRと②危機管理の両方の役割がある。記者会見における質問を想定し、Q-Aを徹底的に準備することが肝要である。

続きを読む クライシス・コミュニケーションとは何か?  JAL広報責任者を務めた溝之上さんに聴く

クライシス・コミュニケーションとは何か?  JAL広報責任者を務めた溝之上さんに聴く

高校生を対象に講義を実施しました

執筆担当:広瀬 一(小澤ゼミ)

10月28日のオープンキャンパスにおいて、小澤ゼミは実験を通して安全対策の仕組みを実感してもらう講義を実施しました。

小澤先生による過去の事故事例とメカニズムの講義ののち、各テーブルに分かれて大気圧を用いてアルミ缶をつぶす実験を行いました。

続きを読む 高校生を対象に講義を実施しました

高校生を対象に講義を実施しました

合同ゼミin 松山

執筆担当:山下 千尋(高橋ゼミ・水災害研究室)

水災害研究室(以下、水研)修士2年の山下です。今月17日、愛媛大学工学部で、愛媛大学・関西大学・東京理科大学・徳島大学・琉球大学の学生による合同ゼミが開催されました。水研からは学部生と院生あわせて5名が参加するべく愛媛県松山市まで足を運んできました。 続きを読む 合同ゼミin 松山

合同ゼミin 松山

屋台で石井兄弟社の石井至さんとVitesse福岡の伴和彦さんにインタビュー

執筆担当:石川 茉奈(亀井ゼミ)

九州大学ビジネススクールの後に博多ならではの屋台で石井さん、伴さんと交流し、コミュニケーションをとりました。

続きを読む 屋台で石井兄弟社の石井至さんとVitesse福岡の伴和彦さんにインタビュー

屋台で石井兄弟社の石井至さんとVitesse福岡の伴和彦さんにインタビュー

リスクマネジメント学会セッション(東京理科大学)

執筆者:平野 正隆(亀井ゼミ)

6月2-3日とリスクマネジメント学会のお手伝い(司会、発表者の自己紹介、学生からの意見、広報)といったことをやらせていただきました。学会は3日の午前から午後にかけてありました。2日の夜に東京につき、ゼミ生と一緒に浅草に行き、プチ観光をしました。雷門に行きそして、スカイツリーを見に行きました。東日本大震災が起こったのに、スカイツリーの破損がなぜなかった理由として、ひとつの対策がタワークレーンのマスト補強だった。

続きを読む リスクマネジメント学会セッション(東京理科大学)

リスクマネジメント学会セッション(東京理科大学)

Letter to Ambassador Sebudandi

執筆者:亀田 めぐみ(亀井ゼミ)

Thank you for coming to class to talk in our class. You gave a nice lecture.

続きを読む Letter to Ambassador Sebudandi

Letter to Ambassador Sebudandi

With Professor Roy Thurik

執筆者:由里 直・八田 知尋(亀井ゼミ)

My name is Nao Yuri.

Thank you for coming to our class today. I could know a lot from Prof. Thurik and it was fun. I was able to learn about the Netherlands. I thought why economic ability declined in Japan. I think that it is because the bubble era was over. I would like to know it in detail.

続きを読む With Professor Roy Thurik

With Professor Roy Thurik