博士論文中間発表会

水災害研究室(以下、水研)学部4回生の岡本です。

4月18日(水)に博士論文中間発表会が行われ水研から博士3回生の山本さんがM705で中間発表を行いました。なお中間発表は発表15分質疑応答10分の25分です。

山本さんの研究テーマは「津波堆積物形成メカニズムに関する推理実験および数値実験」で15分間という短い時間の中でいつもどおり堂々とした発表姿勢で先生方の前でも落ち着いて発表されていたことが印象に残っています。質疑応答ではより専門性の高い議論が繰り広げられ、疑問やアドバイスに真摯に受け答えを行っていました。

今回博士中間発表会を見学さしていただきましたが全体を通して発表や質疑応答の専門性の高さについて行くことができませんでした。しかしながら改めて山本さんの凄さを実感したのとともに院生の発表姿勢など学ぶことが大きかったと感じました。この経験を生かしてゼミでの発表も頑張りたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。それでは!